一度薄毛が進行すると、セルフでのケアは難しい・・・

学生時分の悩みは、セットをするのが困難なほど髪が多いこと、しかも手で触れると痛いくらいの直毛、そのため寝癖が酷く、帽子を被ると跡が必ず付くため、ファッションにも気を遣っていました。学生の時は寝癖を直すことなく登校が出来ましたが、社会人では許されないため、髪を整えるために毎朝早く起きるのは苦痛でした。
社会人になっても20代の内は忙しく動き回るため体力が落ちることはなかったのですが、仕事が慣れ始める30代になると付き合いでの飲酒が増えるなどして生活は不規則に、そうなると徐々に体重は増え、今思えばその頃から髪の張りに元気が無くなったのでは。
整えるのが面倒なほど毛量が多く直毛の私にとっては、髪の張りが無くなるのは好都合なこと、若い時分にはお湯で髪を濡らさないと寝癖を直せなかったのですが、髪の張りがなくなると整髪料だけで整えられるようになりました。
30代になると周囲には薄毛で悩む者が増えていたのですが、毛量が多い私には関係のないこと、ただお気の毒にと腹を抱えて笑うだけでした。そんな私でしたが、会社のトイレでオシッコをしていると、後からトイレに入って来た同期の同僚が「お前も薄くなってきたな」、私は何のことを言われているのか見当が付かず、この年代で薄いと言えば社内での存在感か髪のどちらか、私はどちらのことを言われているのか考えていると、同僚が去り際に私の後頭部を見てニタっと笑ったため、「えっ、俺の後頭部が薄くなっているのか?」。
1人トイレに戻った私は鏡をチェックしたのですが、後頭部を見ることは困難、デスクへ戻った私は携帯電話を取り再びトイレへ、カメラ機能を使って頭部を撮影すると、トイレの照明が地肌を照らしていました。
撮影して地肌が見えるくらいですから、相当薄毛は進行しているはず、その日は髪のことで仕事は手につかず、定時に会社を出た私は居ても立っても居られず自宅に直行。
娘の部屋にあるメイク用の鏡を借りて、改めて後頭部を確認すると、薄毛であることは紛れも無い事実、散々人を薄毛で笑って来た自分がまさか薄毛になるとは、しかも知らぬ間に進行をしているとは。

薄毛に悩む知人がセルフで改善を図るのを見て私は小馬鹿にしていましたが、実際に自分も薄毛になると、まずは髪に良いとされる市販品を試し、お風呂の中では頭皮のマッサージ、自身でメニューを選べる昼食時にはワカメなど髪に良いと言われている食材を使った料理を食べるようなりました。
しかし、一度薄毛が進行すると、セルフで改善を図るのが難しいことは、知人の失敗例を見て知っていたため、私は早期に薄毛治療の専門家に処置をしてもらいました。早期に行ったことで、頭皮を傷付けることはなく、そのことが髪を取り戻すことに成功、しかし、処置で薄毛を止めているに過ぎないため、処置を止めると再び薄毛の進行は始まります。
セルフではどうにもならないのが薄毛、無駄な悩みや努力は一切不要で専門家に任せれば良いのです。それしかないのです。

育毛剤をコロコロ変えるよりAGA治療を行うべき!

現在42歳の男性です。

僕が自分の薄毛を自覚したのは今から十数年前、当時20代後半の頃でした。
何気なく鏡を覗きこんでいた時、ふと自分の髪の毛のボリュームが乏しいのに気づいたのです。
その時は、「髪のセットが甘かったんだろう」とか「床屋に行ったばかりだから短く見えるだけ」など、適当な理由で自分を納得させて薄毛と向き合う事はしませんでした。

ですが、日を追うごとに僕の薄毛は進行してゆき、いつしか前頭部の地肌が目立ち始め、生え際(特にM字部分)のスカスカ具合が激しくなっていったのです。
当時の僕はセミロングの髪型をしていたので、余計に薄毛が際立っていた事でしょう。
ここで潔く短髪にすればまだ誤魔化せたかもしれませんが、なぜか意地でもセミロングを崩すことはしませんでした。
他人の目に僕の薄くなった髪の毛がどう映っていたか、想像したくもありません。

さらに追い打ちをかけるように、実家の両親や職場の同僚、地元の友人たちから髪の毛の薄さを指摘される頻度が増えました。
親には「前髪薄くなったんじゃない?」と言われ、仲の良い友人には「お前、キテるなー(笑)」などとからかわれる始末です。
内心すごくムカつきましたが、さすがにブチきれるわけにもいかないので、怒りは無理矢理心の奥底へしまい込み、作り笑いで気にしてない素振りをするのが精一杯でしたね。

その辺りから育毛剤を使いようになりました。
さすがにヘアケアに踏み切らないとまずいと思ったのでしょう。
近場のドラッグストアに駆け込んでは棚に並んでいる育毛剤を手当たり次第に試しました。

もちろん成果はゼロでした。
育毛剤は同じ製品を長期間コツコツ使い続けてやっと効果が出るものです。
ですが当時の僕は薄毛に対して焦りと恐怖感を覚えていたので、ひと月二月ほどのサイクルで育毛剤をとっかえひっかえしていたのです。
こんな有様で髪の毛が生えてくるはずありませんよね。

付け焼刃のセルフケアでは何ら効果が見込めないと悟った僕は、勇気を出して病院のAGA治療を受けました。
専門の医師が相手とは言え、他人に薄毛の悩みを打ち明けるのは恥ずかしさで一杯でした。
しかし背に腹は代えられません。
藁をもすがる思いで担当医に自分の薄毛に関する悩みをすべて打ち明けました。

日々のストレスの有無、普段の食生活や生活内容など細かな部分にまで話が及びましたが、話し終えた後はなぜかスッキリした気分だったのを覚えています。
薄毛の悩みはどうしても自分一人で抱え込んでしまうケースがほとんどなので、他人に理解や共感をしてもらえる事が多くないからでしょうか。

ともかく、クリニックから処方された薬で薄毛は幾分改善しました。
フサフサというレベルまで持ち直しはしませんが、それでもこれまで悩んでいた前頭部の地肌が髪の毛で隠せる程度には治ったのです。
生え際部分への効果はさほど大きくなく、M字も大して回復していませんが、頭部全体としては薄毛はそれなりに緩和したと思います。

自分は年齢も年齢なので、年相応の髪の量があればとりあえずはそれでOKと思うようにしました。
「本音を言えばもう少し増えて欲しいけど、でもこれくらいでもまあいいや」といった感じで、薄毛改善に関して納得できるラインを自分の中で決めておくと気が少し楽になりますね。

世の中には薄毛で悩んでいる男性はごまんといるかと思います。
ヘアケアへのアクションは早ければ早い程いいですよ。
悩んでいるだけではただ時間だけが過ぎていき、その間にも薄毛はどんどん進行してしまいます。
悩むよりまず行動。
そして相談はAGAの専門医へ。
結局のところ、これが一番の早道だと僕は思います。

毎日ヘルメットをかぶる仕事をしているとやっぱりハゲる!?

現在40歳の私が今の仕事に就いたのは約20年前、危険を伴う業務のためヘルメットは必需品、冬場は防寒になり然程気にならないのですが、温かい季節になるとヘルメットの中は汗で蒸れてしまいます。そのため、私が入社した時もそうでしたが、新入社員が入って来ると必ず薄毛が話題に、職場の薄毛率は他の職種に比べ高く、薄毛になることが一人前の証とする風潮が会社にはあります。

独身の時には薄毛になるなんてまっぴらごめん、ちょくちょくヘルメットを外して頭皮の湿気対策を講じていたのですが、スタッフを指導・管理する立場になると薄毛より安全が第一、髪に異変を感じるようになったのは入社から15年程が経った30代前半の頃でした。

肉体労働のため仕事を終えたら現場でシャワーを浴び、その後は扇風機で髪を乾かすのですが、髪が薄くなってからは乾かすのに時間を有するようになりました。

髪が薄いということは髪の本数が少ないこと、乾かす本数が少なければ早く乾きそうなものですが、薄くなるということは髪の太さが細くなることでもあり、細い髪では髪と髪がまとわり付き、髪1本1本に風が上手く当たらなくなります。昔は髪にコシ(弾力)があったため、洗髪をする時も髪を乾かす時も、指でゴシゴシすることが出来たのですが、髪にコシが無くなり気を遣わなければならなくなりました。

職場には薄毛の先輩がバラエティー豊富に揃っており、相談することも考えましたが、薄毛は禿げ予備軍、社風から親身になってくれる先輩は皆無、禿げ予備軍として歓迎されたら効果が期待できない嘘の情報を教えられることは容易に想像が出来たため、職場以外の者に相談をすることに。

しかし、薄毛になる者のメンタルはどいつもこいつも同じ、仲間に引き込むことしか考えていないため、自らネットで調べると薄毛の原因は環境によるものと先天性によるものとがあるとされており、仕事で1日中ヘルメットを被る私は環境による薄毛、さらに親族が集まった時の薄毛率は驚異レベル、環境と先天性のダブルの原因で薄毛になっていた私は、自力で改善を図るのは困難と考えました→発毛剤はまだ買うな!効果がある人、ない人、その違いとは?

自力で改善を困難と思ったのは、成果が伴わない失敗例を身近で見てきたから、失敗とは真逆なことをしようと考え、そのためには早期に専門家に診てもらう、そして適切な治療を続けることでした。専門家で処方される薬は、他科でも入手することが出来、中には知り合いから安く入手している薄毛先輩もいますが、髪は精神的ストレスでも影響を受ける繊細さを有しており、クスリだけで改善されるものではありません。

微妙な変化に逸早く気付ける専門家だからこそ、適時の処置が可能、専門家を信じ委ねることで自身は髪で悩むことが無くなり、精神的ストレスが緩和されたことで髪のストレスも減り、現在は自身でも髪に張りが戻って来たことを実感出来るようになりました。

髪のことでお悩みの方は多いと思いますが、髪は適時で処置が異なるため、専門家に任せることが髪にも本人にも良いこと、薄毛仲間に引き込もうと考える者の意見には耳を傾けないようにしましょう。

何をやっても効果がないなら増毛がオススメ!私の増毛体験談。

私は東京都在住、42歳男性です。私が薄毛に気になりだしたのは、25歳ごろのことです。それまではスキンヘッド、いわゆる丸坊主だったので、まったく気づきませんでしたが、伸ばすようになってなんとなく地肌がみえるなと思いだしました。

てっぺんというより、全体的に薄い感じです。正直ショックでした。まさか自分が薄毛であるとは思いもしませんでした。ですが父親もたしかに薄く、はげていましたので、遺伝性のものかなとの思いました。

これをからかわれることも多かったです。薄いとか地肌が見えるとか、御親切に毛生え薬や薬用シャンプーをくれるひともいましたが、かえって傷つきました。

これがなんとなくコンプレックスになって、何事にも消極的になっていきました。とくに恋愛は顕著でした。はげがいやがられるかなとか、髪の量の多い人がうらやましかったです。

何かはじめなくてはと思い、まずは、育毛トニックを試してみました。髪質が脂っこいので、さっぱりするとなんとなく爽快な気分になりましたが、あまり目立った増毛効果はありませんでした。

CMでやっているメーカーのものや通販番組で宣伝しているもの、さまざま試してみましたが、あまり効果は見られませんでした。

つぎに薬用シャンプーです。これは確かに頭皮が清潔になるので、爽快感があり、なんとなくイイ感じがしました。抜け毛は減った気がしましたが、ボリュームは増えませんでした。

そこで昔からある、ふりかけのように粉を頭にかける製品を試してみました。頂点からまんべんなくかけると、地肌がかくれ、頭部が黒々とみえました。しかし、髪のボリューム自体が増えているわけではないので、あまり満足の得られるものではありませんでした。

また電車なんかで席に座っていると、頭部に視線を感じて、あれを使ってるのがばれてるのかなと思うと、なんとなく恥ずかしくなり、行動も消極的になり、結局やめてしまいました。

そこでやはり髪の悩みを持つ友人にすすめられ、増毛に行くことにしました。時間と費用が結構かかりますが、自然な感じで髪は増え、だれも増毛をやっていることに気づきませんでした。これはとてもいい感じでした。

自然な感じですが、床屋に制限がありますが、それを考慮しても、とてもよい結果になりました。
髪の毛は、普通の人はなんとも感じませんが、少ない人は必要以上にコンプレックスを感じるものです。ですが思い切って行動をおこせば、それを乗り越えることもできます。でも自分が考えているより、周りはなんとも思っていないのかもしれませんが。

頭髪や頭皮を専門にみている美容院に行き始めたら髪が増えた!?

髪の毛に異変を感じ始めたのは今から約2年前ほどになります。今が31歳となるので29歳のころです。
異変を感じた理由について、まず朝起きて枕をみると抜け毛の本数がやたらに多くなってきていたのに気が付きました。
ネットなどで調べたら人間は1日に数十本髪の毛が抜けると言われており、朝起きて10本ほど落ちていてもそれは普通だと載っていました。
ですが、その日から数えてみると20本、多いときには30本近く抜け毛がありその本数の多さに驚きました。
また、見た目も明らかに変わってきており、ボリュームが少なく感じるようになり、前髪が薄くなっていくのを感じました。
部位的に細かくいうと、両サイド(7・3分けをする場合のわけ目ぐらいの部分)が薄くなっているのに気が付きました。
そこからどんどん薄くなっていき、地肌が見えるぐらい薄くなってしまいました。
正直、この事実を知った直後はかなりショックでした。最近は髪が薄くなるという男性の数が増えてきていると言う情報も知っていましたしいずれ、私もそうなるのだと思ってはいましたが、いざ自分が経験するとなるとかなりショックで、しかも未だ20代だったのでそれも相まってショックが大きかったです。
他人からも、夏場などの汗ばむ時期、頭ももちろん汗をかき髪が濡れると薄いのがばれ、他の人に指摘されるケースも増えました。
特に悪口を言われることは有りませんでしたが「あれ?髪の毛薄くない」といわれるケースがあり、非常にショックを受けました。
そこから、なんとか育毛をすべく色々と試しました。まずはシャンプーをスカルプ系のモノに変えるところから始めました。
始めは1000円以下位のシャンプーを使っていたものを少し高い1000円、2000円のものに変えて使うようにしました。
ですが、全く効果が無く、むしろ髪の毛が更に薄くなっていったような状態でした。同じぐらいにスプレータイプの育毛剤を振っていたのですがそれも効かず、逆に頭皮が赤くなってしまうケースが多かったです。
このままでは駄目だと思い母親などに相談すると、お医者さんを紹介してくれました、当時は皮膚科の先生を紹介して貰ったのですが、そこで頭髪や頭皮を専門にみている美容院があることを教えてもらいました。
そこの美容院にかよい、顕微鏡で頭皮をチェックして貰い、薬や髪に良いシャンプーを提供して貰えるようになりました。
多少、散髪代金やケアの料金は高いですが、その美容院に通い出して明らかに変わりました。


まず、髪の毛が太くなりました。これはシャンプーのおかげだと思います。低刺激性のものに変えることで直ぐに効果が出てきました。
髪のボリュームも増え、毎月ヘッドスパをすることで定期的に汚れを落とすようにしています。
私の経験上から、アドバイスがあるとすればスカルプ系のシャンプーをうのみにしない事です。
人によっては逆効果なケースもあるので、まずはお近くの病院などで見てもらってから判断するようにして下さい。