何をやっても効果がないなら増毛がオススメ!私の増毛体験談。

私は東京都在住、42歳男性です。私が薄毛に気になりだしたのは、25歳ごろのことです。それまではスキンヘッド、いわゆる丸坊主だったので、まったく気づきませんでしたが、伸ばすようになってなんとなく地肌がみえるなと思いだしました。

てっぺんというより、全体的に薄い感じです。正直ショックでした。まさか自分が薄毛であるとは思いもしませんでした。ですが父親もたしかに薄く、はげていましたので、遺伝性のものかなとの思いました。

これをからかわれることも多かったです。薄いとか地肌が見えるとか、御親切に毛生え薬や薬用シャンプーをくれるひともいましたが、かえって傷つきました。

これがなんとなくコンプレックスになって、何事にも消極的になっていきました。とくに恋愛は顕著でした。はげがいやがられるかなとか、髪の量の多い人がうらやましかったです。

何かはじめなくてはと思い、まずは、育毛トニックを試してみました。髪質が脂っこいので、さっぱりするとなんとなく爽快な気分になりましたが、あまり目立った増毛効果はありませんでした。

CMでやっているメーカーのものや通販番組で宣伝しているもの、さまざま試してみましたが、あまり効果は見られませんでした。

つぎに薬用シャンプーです。これは確かに頭皮が清潔になるので、爽快感があり、なんとなくイイ感じがしました。抜け毛は減った気がしましたが、ボリュームは増えませんでした。

そこで昔からある、ふりかけのように粉を頭にかける製品を試してみました。頂点からまんべんなくかけると、地肌がかくれ、頭部が黒々とみえました。しかし、髪のボリューム自体が増えているわけではないので、あまり満足の得られるものではありませんでした。

また電車なんかで席に座っていると、頭部に視線を感じて、あれを使ってるのがばれてるのかなと思うと、なんとなく恥ずかしくなり、行動も消極的になり、結局やめてしまいました。

そこでやはり髪の悩みを持つ友人にすすめられ、増毛に行くことにしました。時間と費用が結構かかりますが、自然な感じで髪は増え、だれも増毛をやっていることに気づきませんでした。これはとてもいい感じでした。

自然な感じですが、床屋に制限がありますが、それを考慮しても、とてもよい結果になりました。
髪の毛は、普通の人はなんとも感じませんが、少ない人は必要以上にコンプレックスを感じるものです。ですが思い切って行動をおこせば、それを乗り越えることもできます。でも自分が考えているより、周りはなんとも思っていないのかもしれませんが。